So-net無料ブログ作成
検索選択

巨大キャベツ「札幌大玉」かな?

とても大きなキャベツが売られていました[exclamation]
大きさがわかるように陽久さんに持ってもらいました。
mama1.jpg
5,6㎏あります。陽久さんが腱鞘炎になったのはこのキャベツを
持ったからではありません。あしからず。
それにしても大きい。大きい物になると10㎏越えする
キャベツもあるようです。肉厚で甘味もあり美味しいとか。
未だ食べていません。北海道では「ニシン漬け」や「飯寿司」など
の漬け物に使うらしいです。飯寿司を作ってみようかな。

ニジマスを見付けました。
このところ燻製に入れ込んでおりまして買ってきました。
川魚も燻製にすると食べやすくなります。
内臓を取って、mama3.jpg
セージと月桂樹を入れたソミュール液に浸けました。
mama2.jpg
あとは明日、頑張ります。

無花果に燻製にスーパームーン?

何がなんだか、ちっとも解らないタイトルですね[exclamation&question]
一つずつ説明を。
まずは「無花果」ですが、昨日近所の方が二人訪ねて来まして
「ススキください。」とのリクエスト。矢羽根ススキ(日本ススキ)と
糸ススキを分けて差し上げました。
そうしましたら、今朝今年はどうやら豊作らしく沢山実ったので
どうぞと無花果を頂きました。mama3.jpg
私、生の無花果大好きなんです。早速一個パクリ。
完全に熟れた無花果の何と美味しいことでしょう。
果汁がしたたり、優しい甘さが好いんです[ハートたち(複数ハート)]
そしてもう一個もmama4.jpg
冷蔵庫に常備してあるスズメ(水切りヨーグルト)があったので
無花果に乗せてワインビネガーをちょっとだけ振りかけて
潰しながら食べました。美味しいー[わーい(嬉しい顔)]
秋になるといただく甘露煮やコンポートも美味しいのですが
私はなんと言ってもフレッシュ無花果が一番好きです。

次は燻製。mama3.jpgmama4.jpg
ダッチオーブンとガスコンロを庭に持ち出して
ベーコンの燻製です。タイマーを掛けて待つ間だに
庭の草取りです。ベーコンの表面がつやつやでいい香り。
お昼に早速パンにサンドして食べました。
Imama5.jpg
もう市販のベーコンは食べられない!

さてスーパームーン[満月]mama1.jpgmama2.jpg
26・27・28と三日間お月見が出来ました。
今夜は陽久さんと二人で月見酒でも楽しみましょう。

中秋の名月

今年は当日だけでなく、26日、27日、28日の『三夜の月』を
楽しもうと思います。松尾芭蕉の俳句にも弟子と3日間、
月見を楽しんだ様子が記されていたとか、新聞に書いてありました。
月見は月の出を待つ所から始めれば、大きさや色合いの変化も楽しめます。
夕食の準備をしつつ台所の窓から月が顔を出すのを『月待ち』です。
mama1.jpg
これは7時ちょっと前の月です。庭に出て撮しました。
昔の人はのんびりとお酒を飲んだりしながら待っていたのでしょう。
立待月に寝待月。月見をとても楽しみにしていたのでしょう。
mama2.jpg
月見団子を作りました。みたらしのタレを置いてたら
陽久さん、竹串に団子を刺して火であぶり、タレを
つけてパクリ。「うまい。うまい。」と言いながらたて続けに
4個も食べていました。明日はどんな趣向を凝らして
月見をしようかな?

名月茶会でお茶を愉しむ

今夜は、藤田別邸の和室にて台湾茶をいただいて来ました。
庭から篠笛の奏でる音色を聞きながらの素敵な雰囲気の中
しつらえの違うお部屋でお茶席を三席いただいてきました。
mama5.jpg
mama6.jpg
お茶淹れ人こと阿部先生を筆頭に生徒さん達が
それぞれの部屋で、種類の違うお茶をたっぷりいただいて来ました。
凄く贅沢な時間を味わってきました。
mama1.jpg
私たちがお茶をいただいたお部屋です。外から撮しました。

少し諦めかけていた月も愛でることが出来てラッキーでした。
mama4.jpg
mama3.jpg
明日は本番、「十五夜」ですね。
ススキを飾って、お供のお団子でも食べて
お月見を楽しみましょう。

のどかな風景 [散歩]

朝の散歩で見る風景は、同じ所を通っているのに
季節や時間そして天候でによっても感じが変わります。
稲刈りが終わり、天日干しをしている光景は
何故かのどかに思えます。mama1.jpgmama2.jpg
今年は雨不足が心配された時期もありましたが、
大きな災害もなく、無事収穫が出来て本当によかった[わーい(嬉しい顔)]
知り合いの田んぼでも、ましてや自分の田んぼでもないのに
雪解けから散歩がてらずっと見てきたわけでホットしています。

スティック温度計を買いました。
mama3.jpg
燻製をするときにももちろん使いますが、
調理でも使います。今まで持っていなかったのが
不思議なくらいです。100℃までの硝子の棒の温度計は
あったのですが、肉の中まで刺して火が通ったかとか、
パンの発酵温度なんか計るといいのかなと思って
買ってみました。−50℃〜250℃まで計れます。
使いこなして、しまいっぱなしにしないように
しないとね[るんるん]


-

家のおはぎ「あんこ&ずんだ」 [手作りバンザイ!]

店頭にはたくさんの団子やおはぎが並んでいます。
面倒でもここは両親が好きだった「あんこ&ずんだ」の
おはぎは自分で作らねば[exclamation]
あんこは昨夜のうちに煮ておきました。
ずんだは、今朝散歩の帰りに枝豆を買ってきて
茹でて、薄皮を取りFPでガーットやりました。
mama2.jpg
中身の餅米はちょっとですが、あんこもずんだも大サービス。
大きめのおはぎになっちゃいました。
mama3.jpg
出身地の地方色がもろに出てますね。
ずんだ大好き[ハートたち(複数ハート)]

散歩コースの田んぼの稲穂、随分太ってプーンと
膨らんでいます。もう稲刈りしても良さそうですね。
mama4.jpg
稲穂が垂れて頭が重そうです。今年のお米は
美味しいかな?

mama1.jpg
本日焼いたソフトフランスパンです。元種がほしくて
焼いちゃいました。いま取りに来手くれたら2本差し上げます[わーい(嬉しい顔)]

旬の果物を使って [自家製大好き!]

旬の果物を使って元気な酵母を育てます。
自家製酵母、密かに作ってパンに活用しています。
先日はリンゴ酵母を使ってパンを焼きましたが、
今回は一皿100円で買ってきた葡萄を使います。
まずは流水で葡萄を洗いボロボロに外して煮沸した
ビンに入れます。mama2.jpg
mama1.jpg
棒で3〜4回軽くつぶして、シャカシャカ振って
冷蔵庫で休ませます。長期間低温で育てます。
2日に一度、ビンを振ります。そして約10日間くらい
置きます。その後常温に戻し約一週間おきます。
後は見極めが難しい。五感で感じないと。
初心者なのでまだまだ難しいです。
テイスティングしたり色を見たり、音や泡や水分のかさを
みたり、やはり経験でしょうね。

そろそろ栗の収穫も終盤です。ここの所5〜6個ほどしか
落ちていません。冷蔵庫に貯めておいた栗でペーストを作りました。
mama3.jpg
茹でて、漉した栗を生クリームと砂糖を入れて
ぽてっとなるまで煮ます。
mama4.jpg
できたら冷まして冷凍庫で保存します。好きな時に解凍して
モンブランなどのお菓子に使います。
いろんな物で冷凍庫が一杯になってきました。
サザエがけっこう場所をとっているので食べないと[exclamation]

燻製「自家製ベーコン」 [自家製大好き!]

自家製ベーコン美味しいですよ。
色素やいろんな余計なものを一切使っていませんので
時間は掛かりますが、本来のお味が楽しめます。
香りも味も、市販品とは大違いです。
以前は陽久さんが一斗缶を利用して、燻製造りに
凝っていました。イワナ、たらこ、チーズかまぼこ、ゆで卵・・・
ここ最近全く作っていません。
ならば私が燻製しようじゃないの。でも私のは簡単燻製です。
ダッチオーブンでガス台で燻製しちゃいます[るんるん]
まずはアルミホイルを敷いて、桜のチップとローズマリーの枝を2本と
色を良くしたいので、ザラメをパラリ。
mama1.jpg
豚バラ肉を塩漬けして5日間。
塩抜きして、更に3日間乾かします。
そのお肉を網の上に置きます。mama2.jpg
一時間ほど温燻してみました。こんな色味です。
mama3.jpg
もうちょい色づきが欲しいのであと20分延長。
mama4.jpg
うーん!いい感じ[ハートたち(複数ハート)]
ちょっと端っこをつまみ食い。美味しい[わーい(嬉しい顔)]
先日は鶏むね肉とゆで卵の燻製を作ったんです。
次は〆鯖の燻製が美味しいという噂?なので
是非作って見たいと思います。食いしん坊バンザイ!
お酒が飲みたくなっちゃうよ[ビール]

栗おこわ [旬の食材]

今日は餅米100%の「栗おこわ」
当然です、蒸籠蒸し。mama2.jpg
昨晩から餅米を水に浸しておきました。
時間は掛かるけど、手を抜くことは出来ません。
なぜなら美味しい「栗おこわ」を食べたいからです。
40〜50分くらいで蒸し上がります。
米粒が一つ一つしっかりしていて、それでいて柔らかい
とても美味しく蒸し上がりました[わーい(嬉しい顔)]
mama3.jpg
汁物と、お野菜煮物と、焼き魚。漬け物。
そして「栗ご飯」夕食が楽しみです。

自家製りんご酵母で焼いたパン。mama1.jpg
全粒粉とライ麦入りでちょっと重たいパンです。
ライ麦の酸味とりんごの香りがマッチたパンができました。
お腹に効きそうなパンです。お昼に食べてみました。
我が家のブラックベリージャムにも良く合うパンでした。
チーズもいいかも[るんるん]

マロンケーキ♪

今日もお土産用にケーキとパンを焼きました。
パンは普通の砂糖、バター無しのシンプルなパン。
ケーキはこの時期秋の味覚「栗」でしょう。
何しろ毎日栗拾いをしている私。マロンクリーム
冷凍保存するのに必死[ふらふら]
明日はまた「渋皮煮」を作る予定です。
適当に作ってみました。「マロンケーキ」です。
ココアスポンジを焼いて、マフィン型で丸くくりぬきます。
mama3.jpg
次はホイップクリームをのせます。
Imama2.jpg
そしてマロンクリームを絞り出して
栗のシロップ煮を乗せました。
Imama1.jpg
こんなにたくさんと思うでしょ。サイズが小さめ
なので一口で食べられちゃうんです。私、口が大きいんで[わーい(嬉しい顔)]
7人家族へのお土産なので,これくらいでしょう。
マロンクリームが旨く絞れなくて不格好ですけど
ホームメイドでご愛敬。数を作ればそのうち上手く
絞れるようになると思います。お味はバッチリです。