So-net無料ブログ作成
検索選択

雑穀パンを焼きました。

パンを焼くのは一週間ぶりです。
普段食べている、茶色いパンです。
気分で毎回内容が変わります。本日はこちらの材料で焼きました。
mama1.jpg

強力粉・全粒粉・ライ麦・赤サフ・藻塩・水・以上です。
捏ね捏ねして一次発酵へ。
mama2.jpg

膨らみましたヨー。
メモ.jpg
ベンチタイム。そして成形→二次発酵→焼きます。
mama4.jpg

焼けました。砂糖もバターも入れなくても美味しいですよ[わーい(嬉しい顔)]

今日で消印受付最終日。「三井ゴールデン匠賞」に送る
応募用紙の記入と作品の写真撮りをして一応発送して来ました。
もうちょっと時間を掛けて思案しつつ書類に記入しないといけないのに
一次審査はクリアーできそうにありません。だって言い出しっぺの
陽久さん、ちっとも事を進めないので勝手に出しちゃいました。
賞金があるんですー。無理ですけどね。なんか疲れました。

釣りをしてきました。

年に一度の仙台行き。
目的は私達夫婦の焼物の師匠そして仲人でもある針生先生に
会いに行くことと、仙台にいる姉や姪に会う為です。
去年は先生との記念撮影をブログに載せたのですが
残念ながら今年は入院中で写真がありません。
奥様を初めとするご家族にはお会いしてきました。
米寿を迎えられ、お元気な姿を見たかったのですが
仕方がありませんね。

仙台の街中にある銀杏の木には、黄色の葉っぱが残っていて
青空にとても映え、青と黄の美しいコントラストで私達を迎えてくれました。
mama1.jpg
姪とランチを楽しみ、夕餉は二人の姉夫婦と6人で賑やかに
長女夫婦の家で宴です。
翌日は陽久さんのリクエストで海へ釣りに連れて行って
もらいました。
mama2.jpg
mama3.jpg
鳥の海でアイナメ釣りです。
私も釣り竿を借りてしばらくは竿を上げたり下げたり
魚を待っていましたが、風が冷たくて寒くなってしまい
岸壁をウロウロ(結論が早すぎますが、私、釣りは合わないかも。)
なんて一人思いながら、水面や遠くの景色や雲を眺めていました。
ランチのはらこ飯はまあまあでした。ホッキ飯にすれば・・・なんてね。

釣りはさておき、行き帰りの海岸から津波が到達した地点
までの広大な野原。ここにたくさんの家々が立ち並び
たくさんの人々の暮らしがあったのかと思うと、往復の
車中での会話も少なく、それぞれがもの思いにふけっていたようです。
義兄が津波前に来たときには迷わず来れた鳥の海。
目印の建物が一切無くなった今は、二回も聞いてやっとたどりつきました。
がれきはすっかり片づけれてはいますが、
家があった痕跡が残っています。
これからここはどうなるのでしょうか。
累々と続く草原を眺め、もしかするとあの日釣りに行く
姉夫妻が道具を入れ忘れて引き返した経由を思い出し、
無事で良かったと胸の中で安堵していました。




雪の気配。

北海道,積もりましたねー。岩手も降りました。
津軽は?今の所みぞれのようです。夜遅くなって
雪に変わるかもしれませんね。とうとうです。平年よりも
大分遅いようですが、雪は遅いに越したことありませんよね。
去年の11月といったら、けっこう寒かった気がします。
今日は午前中に雪囲いを済ませました。
mama1.jpg

これで一安心です。
mama2.jpg

おおざっぱな雪囲いではありますがしないと大変。
枝がみんな折れちゃいます。
ところでカマキリの卵の生む場所(高さ)で、
その冬の雪の降雪量が解るらしいです。
確かに昨年は、糸ススキに地面から1㍍くらいの所に
卵が生み付けてありました。案の定積もりました。
今年は卵を見付けられなかったので解りませんが
低い位置だと好いなー。雪かき大変ですから[ふらふら]
今週末仙台へ行く予定です。お天気だといいな。

換気扇の掃除

今日の予定としては雪囲いのはずでしたが、朝から雨で中止。
急きょ、突然に換気扇と回りのフードを掃除する事にしました。
年末は何だかかんだ忙しいので、今のうちに片付けておけば、後はさっと
ふけばいいですからね。うちは古いタイプの換気扇ですので外して
後はひたすら油汚れを落とすだけ。フードの中に頭をつっこんで
セスキ炭酸ソーダをスプレーしてせっせと拭き掃除をしました。
mama8.jpg

うーん気持ちがいい。6月に一度掃除しただけだったので
久しぶりー。マメでない私は全部外して掃除するのは、
年に2〜3回程しかやっていません。普段はちゃちゃっと拭くだけ。
きれい好きな奥様方から「あらまぁ!」という声が聞こえそうです[がく~(落胆した顔)]
そんなこんなでガス台の回りやらさっぱりと綺麗になって
いい気分です。朝・昼・晩と台所は使っている方だと思うので、
もっと磨き上げてあげないといけないのですが・・・
あんまり綺麗にしちゃうと、お料理して汚れるのが気になって
調理しなくなる恐れがあるのでほどほどに。なんてね。
実際、知り合いにいつもピカピカにしているお台所に感心して
聞いてみた所、揚げ物は絶対にしないし、汚れるような
魚を下ろすとかもしないとのことでした。
考えられない。お料理もいっぱいして更に綺麗になって
いれば感心するけど、汚すのが嫌でお料理もしないなんて[ちっ(怒った顔)]
人の批判はしたくないのですがちょっとネー。
まな板も包丁もないという人が世の中にはいるそうですから・・・。

そんなわけで今夜の夕食のメニューはチキンカツではなくて、
オーブンで鶏むね肉のパン粉焼きです。揚げ物はしないんだもん[わーい(嬉しい顔)]
mama5.jpg

付け合わせは、塩茹でじゃが芋とセージの葉の素揚、レモンです。
mama6.jpg
mama2.jpg

卵にマスタードとタイムの葉っぱを入れ、塩・コショーした
そぎ切りにしたむね肉を10分くらい漬けます。ザルで漉した
きめ細かなパン粉をつけて、ほんのちょっぴりバターを乗せます。
天板にアルミホイルを敷きオリーブオイルを少し塗っておきます。
そこにお肉を並べて200℃に温めたオーブンで30分焼きます。
ジューシーで美味しかったです。フライよりはカロリー低めだし
換気扇も汚れません[exclamation&question]

落ち葉だらけの庭 [庭]

我が家の庭・・・・・mamma1.jpg
どこに何があるのやら。こうなるのはもちろん承知していました。
栗・柿・胡桃・ブナ・ハナミズキ・・・その他いろいろ。
枯葉が庭一面に広がっていました。
やっと重い腰を上げて、竹箒でかき集めました。
mama2.jpg

可愛らしい丸い形になりました。
残念ながらサツマイモの買い置きがない[がく~(落胆した顔)]
焼き芋、食べたかったなー。などと独り言を言いながら
今日は庭の片付けを少しやりました。雪囲いもそろそろしておかないとね。
陽久さんと二人でやればそんなに時間がかからないので,明日あたり
頑張っちゃおうかな[exclamation]
まだブルーベリーの葉っぱは散っていません。綺麗な紅葉です。
mama4.jpg

ポロネギとじゃがいものスープ

Soupe de poireaux et pommes de terre
わぉー!フランス語で書くとなんだか仰々しいですが、
とってもシンプルなポロネギとじゃがいもスープです。
ポロネギ(リーキ)が手に入ったら是非お試しを。
とても優しい味でポロネギが美味しいです。
ポロネギ、じゃがいも、無塩バター、生クリーム、塩、コショー、お湯。
mama3.jpg

りっぱなポロネギです。
mama5.jpg

ポロネギは1㎝の筒切りに。じゃがいもは小さめに切ります。
鍋でポロネギをバターで炒め、塩を入れたお湯を鍋に入れ
そこにじゃがいもを入れて20分煮ます。
mama6.jpg

仕上げにコショーと生クリーム30cc入れて完成です。
本には生クリーム100ccとあったのですが、30ccでも
充分コクがあって美味しいスープでした。
ポロネギ(リーキ)は西弘の生協で売っておりました。

新巻鮭を陽久さんに裁いてもらいました。
mama1.jpg

キズありと言うことで1000円で買いました。
半身は冷凍しておき、飯寿司に使います。
陽久さんの「さばいてあげるよ!」というお言葉に甘えてお願いしました。
「自分で出来るからけっこうよ。」とは絶対に言いません。
「お願いね。」と返します。なんでも自分でやっちゃうと
旦那さんに何もやってもらえなくなっちゃうよー!

底冷えする夜に「ヴァン・ショー」はいかが?

さてさて「ヴァン・ショー」とはなんだと思いますか?
ホットワインのことでした。寒い夜、風邪気味の時に
飲むと良いとか。とにかく身体が温まりそうです。
mama6.jpg

ブラウンシュガー、シナモン、グローブ、赤ワイン、レモン。
風邪気味でなくても、さっそく試してみなくっちゃう。
先日図書館から借りてきた本に載っていました。
世界的に著名なフランス料理界のグラン・シェフ。
ポール・ボキューズ氏の料理本に載っていました。
mama4.jpg

シンプルでも良質のものを食べよう。という本です。
三つ星シェフのテクニックが満載です。
作り方が簡単で、比較的時間の掛からない、そして次が
重要なポイント、お金も掛からないレシピが書かれています。
全部で222品のレシピが載っています。
確かに材料も手に入りやすく、高価なキャビアやトリュフ
などはでてきません。
明日のランチに作れそうな「アンショワイヤード」は
ニンニクとアンチョビとビネガーがあれば出来ちゃいます。
mama5.jpg

パンをトーストして野菜を添えればOK[わーい(嬉しい顔)]
今後、我が家の食卓には簡単なフランス料理が
登場するのは間違いありません。

本日焼いた、お土産のパン。
mama3.jpg

そして自分達用に焼いた、全粒粉6割りの茶色いパン。
mama1.jpg

このパンには蜂蜜やジャムやチーズが合います。
噛み締めて、味わって、茶色いパンを楽しんでいます。

弘前工芸舎

この建物は弘前市紺屋町2-2にある「趣のある建物」の指定を
受けている旧紺屋町消防屯所です。赤い屋根が可愛いでしょ。
ここに弘前工芸の会員が作品を持ち寄りセレクトショップ
として店を開いています。
Imama1.jpg

昨日と今日、陽久さんが当番でしたので、開店前に
同行して散策して来ました。
mama3.jpg

mama2.jpg

mama4.jpg

なかなかいい雰囲気なのですよ。実は2度目なのですが、前回は座敷
には上がらずに、帰って来てしまったので今日はカメラ
を片手にはゆっくり拝見してきました。
毎日は営業しておりませんので問い合わせの上どうぞ
見に行ってみてはいかがですか。℡0172/55/0840

帰りは弘前公園内を縦断して大手門に抜け図書館経由で帰ってきました。
公園内雪囲いの準備をあちらこちらでしていました。
mama12.jpg

モミジはまだ色鮮やかで健在でした。
mama6.jpg

姫リンゴ?らしき木がありました。
mama11.jpg

今日は素晴らしい晴天で暖かく気持ちのいい散歩が
出来ました。

干し柿の時のヘタの切り方。これですこれ!
mama13.jpg

それにしても大きい柿です。私の手が隠れています。

念ずれば叶う?

午前中電話が鳴り、Sさん宅へお呼ばれ
行ってみると、柿です。まだ大して大きくなっていない柿の木なのに
その割りにかなりの収穫。今年我が家の柿の木は、あまり数が実らず、
干し柿は諦めていました。
mama1.jpg

でもでも・・・問題が。ヘタのカットの仕方がね[exclamation]
これでは縄に絡ませられない。Tの字に切らないとー[がく~(落胆した顔)]
以前に別な所から貰った時も、このような切り方でした。
仕方ないので竹串に刺して干してみましたが、竹の部分からカビが
発生し、食べられなかったことがありました。
ですから焼酎で渋抜き使用かと思っていますが
こんなにたくさんどうしよう[ふらふら]
これから何か利用の仕方をネットで探します。
柿の天然酵母作りにはせいぜい2〜3個あればいいし・・・。
頂き物は無駄にはしません。最後はみんなに配るしかないですね。
もう一つ、いただきました。
ジャーン.買おうと思っていた餅米です。
mama2.jpg

準備は万端、後は鮭を買うだけです。
もう少し寒くなってきたら飯寿司をつくりましょう!

ぶどうの天然酵母液 [手作りパン]

冷蔵庫の野菜室にぶどうの天然酵母液がいつまでも
ありますのでそろそろ使わないとね。
ストレート液を使ってポーリッシュを作りフランスパンを
焼いてみました。リスドールも無く、強力粉と薄力粉で
試しに焼いてみました。
mama1.jpg

ちょっと恥ずかしい。クープの開きが・・・気泡はどうかな?
mama2jpg.jpg

小さいけれど穴が空いてます。
材料もそろってないし、いつもの製法と違うし
こんなものかなと自分を慰めています。
でも次はもう少し理想に近づきたいな。
これも修行、いろんな事があるさ。なんてね。

今日は来客の多い日です。
午前中は台湾へ送る商品を、市役所の担当の方が引き取り
に来て、午後からは郵便局の方。その後
弘前大学の教授とアメリカ人の御夫妻と通訳の方。
これから夕方4時には鰺ヶ沢から、お母様がお煎茶道を
たしなまれている親子が来ることになっています。

こんな落ち着かない状況で慣れていな製法のパンを焼くのは
私のレベルでは到底無理だったのかも・・・・・。反省です。
さぁ、お客様をお迎えしなければ。