So-net無料ブログ作成
検索選択

ポルチーニ&パルミジャーノ・レッジャーノ素敵な組み合わせ♪ [イタリアン]

日本で買うとお高いパルミジャーノ・レッジャーノ。
mama3.jpg

ミラノから買ってきてもらいました。このメーカーチーズは食べやすいと聞いたので陽久さんにお願いしました。ミラノでポルチーニのリゾットを食べてこなっかたんですって。信じられない!
一緒に行ったNさん。年長者で海外10回目だそうで、お店を決めるのでもメニューでもなんでも勝手に決めちゃうらしい[ふらふら]「リゾット。おかゆだべ!」それで終了。本場の味を味わってきてほしかったのになー。
そこで今日のお昼はポルチーニのリゾットを作ってみました。
乾燥ポルチーニ。「西洋松茸」と呼ばれる高級イタリア食材。煮込み料理に使うと少量でも香りと風味が増してイタリアンって感じになります。袋を開けただけで濃厚な香りがします。期待が・・・早く食べたい。まずは4枚くらいを1リットルのぬるま湯で戻します。この戻し汁でおかゆを作ります。甘い香りが漂ってきます。リンパ腺がジュワーっとなってきます。
mama1.jpg

少量でも十分だしが出ます。いい感じ。
mama4.jpg

土鍋で炊いてみました。
献立は、水菜のサラダ、半熟卵、ぬか漬けとポルチーニのリゾット。
パルミジャーノ・レッジャーノをたっぷりおろして入れました。粗挽き胡椒をぱらり。それはそれは濃厚で香り高くとても美味しかったです。
mama6.jpg

間をあけて今度はパスタかな。楽しみだなー[わーい(嬉しい顔)]


梅が咲きました。桜はまだかなー?
mama5.jpg

春の香り「バッケ味噌」ふきのとう [手作りバンザイ♪]

毎年春になると必ず作る季節の香り高い「バッケ味噌
今年も当然作りました。たくさんは作りません。小瓶に3個分です。
うちのすぐ近くなのですが、いつもの秘密の場所から採ってきました。犬の散歩コースからずっとそれた奥の方・・・[マル秘]
綺麗な色でしょう。
mama8.jpg

今年は、いつもより粗く刻んでみました。味噌に混ぜても存在感があるように。美味しくできました。なにせ手前味噌を使ってますから。
mama6.jpg

炊きたてのご飯にのせて食べました。
口の中に春がいっぱい広がって、旨い[わーい(嬉しい顔)]
日本人でよかった[exclamation]
まさに大人の和食自家製味噌で若々しい取り立てのふきのとう。上質の味わいって、こういうものなんじゃないかしら。贅沢な素材で作ったものだけとは限らないですよね。
次は庭の片隅に植えてある行者ニンニクの出番です。もう少し大きくしてから醤油漬けにする予定。これまた美味しいんです。ご飯が進むものばかり。要注意です。でも美味しいから食べちゃうんですねー。悪魔のささやき「美味しいものは、好きなだけ食べて。我慢するとストレスになっちゃうよー!」私の頭の中にいる悪魔の声・・・・・