So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

使う人によって、使い道は色々です。 [陽久庵で展示会]

そうなんですよねー。

湯のみだからと言って、お湯やお茶を飲むばかりとは限りません。

コーヒーを飲んだり、お酒を注いだり、以前に一度お味噌汁を飲むと

言っていた若者がいました。

固定観念を捨てて、使いたいように自由に使ってるんだなーって

感心しています。作り手の意図と違っていても、気に入って毎日愛でて使って

いただいていることは、嬉しいことです。素敵です。

なぜこんなことを言っているかというと、今日のお客様が水注を見て、
mama5.jpg

男性です。「お酒何合入るかな〜?」ってぽろっと言ったからです。

水を入れるとは限らない。女性は花瓶にと言って買われる方も。

それにしても豪快です。1リットルくらいは入りそうな大きさです。

きっとお正月にいっぱい人が集まるのかもしれませんね。

お家に持って帰って、様々な使い方をしているんだろうなって思いました。

食器棚の奥や、押入れに仕舞い込まず使ってくれる事が私たちは嬉しいんです。

今日は、こちらの作品をご紹介します。
mama4.jpg

窯変釉の小皿と炭化火襷の水滴です。

最近水滴を並べていませんでしたが、久しぶりに飾ってみましたら

こんなものがあったんですね。と聞かれます。以前から、そうですねー30年前から

作っているんですが比較的新しいお客様には新鮮だったようですね。

在庫部屋は宝の山。ずっと昔の作品も久しぶりに並べてあげると

日の目を見て何方かが買われて行きます。どんな風に使ってもらっているんだろう?

今日はそんな思いに心を馳せていました。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。